きゃらりこ日誌

2023年07月

PC・家電 / 技術

コマンドラインを使って、VoicepeakでWAVファイルを出力する

Voicepeakをバージョンアップしたら、コマンドラインからWAVファイルを作れるようになっていたので、ここにメモ。

まずは、Voicepeak -h をすると、以下のようにヘルプが表示されます。

Voicepeak
Usage:
voicepeak [OPTION...]

-s, --say Text Text to say
-t, --text File Text file to say
-o, --out File Path of output file
-n, --narrator Name Name of voice, check --list-narrator
-e, --emotion Expr Emotion expression, for example:
happy=50,sad=50. Also check --list-emotion
--list-narrator Print voice list
--list-emotion Narrator Print emotion list for given voice
-h, --help Print help
--speed Value Speed (50 - 200)
--pitch Value Pitch (-300 - 300)

ちなみに、コマンドの最大文字数は140文字で、それを越えると、“In this version, the character limit for a single run is 140 characters, but the input string contains ●● characters.”というエラーが出ます。

次に、Voicepeak --list-narrator をすると、話者のリストを表示します。
「VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット」を使用している場合は、以下の通りです。

Japanese Female Child
Japanese Male 3
Japanese Male 2
Japanese Male 1
Japanese Female 3
Japanese Female 2
Japanese Female 1

プリセットされている感情は、voicepeak --list-emotion [話者名] で表示することができます。
どれを選んでも以下の4種類になります。

happy
fun
angry
sad

最後に、使い方の例です。

voicepeak -s "こんにちは。" -n "Japanese Male 2" -o d:\tmp.wav & timeout /t 3 > nul & d:\ffmpeg\ffplay d:\tmp.wav -nodisp -loglevel quiet -autoexit

すぐにWAVEファイルが生成されないようなので、3秒待っててから、FFmpeg付属のFFplayを使ってWAVEファイルを再生しています。


[ | この記事のURL ]