きゃらりこ日誌

2004年10月

読書 / 雑想

萌える技術?

週刊SPA!2004/9/28号に、気になる記事がありました。
「萌える技術」とは何か?


負け犬でも、幸せに生きていくためにはどうしたらいいか?というテーマで、経済アナリストの森永卓郎さんとコラムニストの石原壮一郎さんが対談していたのですが、いまいち納得できませんでした。
森永 まず最初に“萌え”とは何かを定義すると、「キャラクター的なモノをこよなく愛する」ということになると思うんですが、わかりやすく言えば、要するに負け犬男のコンプレックスが作った恋愛感情ですよね。世の中のほとんどの人は、福山雅治や木村拓哉みたいにはモテない。モテないボクらがどんなに努力をしても、オイシイところはモテる男が持って言っちゃうんですよ。
(中略)
どこまで自覚しているかはさておき、“萌え”の人たちはその現実を踏まえている。
(中略)
触らせてくれそうな理想の女性を自分の中で育てようとする。
そのほうが、ずっと楽しいですから。
石原 (中略)日本の社会自体が、ひとり勝ち組みと大半の負け組みという構造になりつつある。つまりわれわれが恋愛において忸怩(じくじ)たる思いを抱いてきた、それと同じ構造になるわけです。
森永 そうですね。貧富の差が激しいアメリカ型の社会になりつつある。富を手にする可能性が限りなくゼロに近いのであれば、これまでとは違う幸福のモデルを目指さなければならない。その答えとして、秋葉原系のライフスタイルがある、と私は思ってますが。
“萌え”は幸福感の多様化の一形態ってことなんでしょうけど、なにか釈然としないものが残りました。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


読書

読書記録 2004年9月分

今月は学校が始まってしまったので、ちょいと少なめです。
  • ABC殺人事件 (アガサ・クリスティ/田村隆一 訳/早川書房)

     NHKでやってるアニメ「アガサクリスティーの名探偵ポワロとマープル」の第6話「ABC殺人事件 その2」を見逃してしまったので借りてきたんですが、うっかり最後まで読んでしまいました。
    おかげで、アニメと原作の違いが分かってよかったですけど。しかし読みづらいわなぁ。
    早川書房の翻訳ものは、あたりはずれがあるという話を聞いたことがありますが、どうやらハズレっぽい。
  • 空色勾玉(荻原規子/福武書店(現 ベネッセコーポレーション))

     平安以前の時代のお話です。「お江戸でござる」で蓄積した知識のおかげで、時代背景等がなんとか理解できました。
  • 語り手の事情 (酒見賢一/文藝春秋)

     借りてくる本間違えちゃったなぁ、って感じです。とても人前では読めません。
    読み終わってから気がついたんですが、表紙からしてヤバイじゃないですか。
    ヴィクトリア朝の英国の、妄想が力を持つ不思議な屋敷が舞台です。
    メイドさんがSMしたり、女性になりたい貴族の男性が性転換するとか。
    文章に妙な説得力がある反面、読んでいて気持ち悪くなったりしました。
  • サラリーマン荒野をゆく (鈴木岳人/文芸社)

     同僚のオーストラリア大陸横断旅行の記録を基にして書かれた似非ドキュメンタリー本です。
    よく新聞紙等で「あなたの原稿を自費出版しませんか」という宣伝がありますが、この本はそれです。
    私の経験では、この手の会社の本は9割がハズレ本ですから仕方ないですが。
    内容のほうは著者の体験ではないので、リアリティがなくて全然つまらないです。
  • 口語訳 亀甲鶴 β版 (小栗風葉/由乃 訳/まほうつ会)〔厚木市立中央図書館所蔵〕

     「β版」という言葉に魅かれたんですが、原作に忠実に訳せてないという意味でした。
    明治時代の作家 小栗風葉の小説を現代語訳にしたものです。
    訳者は小栗風葉の文体を崩して翻訳しまったことを悔やんでましたが、ただの読書好きの私にとっては、読みやすくてよかったです。
    付録に8cmのCD-ROMがついていました。
    中身を覗いていないのでよく分かりませんが、原文・図版等が収録されているようです。
    原文は西鶴調で書かれているそうで、巻末に掲載されていたんですが非常に読みづらかったです。
    酒造りの工程の説明のなかに、物語が書かれているという構成です。
    訳を読む限りでは、時代物の小説ですね。
    以下ネタばれです。
    記憶だけであらすじを書いているので、多少の間違いはあると思いますが、こんな感じです。

    傾きかかった老舗の蔵元 尾張灘が、借金を重ねて原料を仕入れ、再起をかけて一か八かの大勝負に出る。
    主の康右衛門は役人に申請した量よりも多く酒を密造して、その利益で蔵元の再起を図ろうとし、これを杜氏たちにもちかける。
    だが杜氏たちは、これをネタに給料を上げろと強請(ゆす)るが、康右衛門はこれを拒否。
    杜氏たちに逃げられてしまうが、主の娘 お杉に惚れていた又六だけが戻ってきて、俺に酒を作らせてくれと言い出した。
    又六は実直だが、愚鈍で造酒の下働きしかしたことがなく、主は返答を渋るが、替わりの杜氏が確保できず背に腹は変えられず、認める。
    杜氏は、いつも下働きをしてもらっている近所の農民を使って何とかしのぐ。
    しかしある日、役人 彭沢が抜き打ち検査に来て密造がばれてしまう。
    ところが何のお咎めもない。実は、以前からお杉に好意を抱いていた彭沢は、結婚することで、密造に目をつぶることにしたのだ。
    又六は、それを知らず、とうとう見事な酒を完成させる。
    最後の仕上げをしている最中、なにやら母屋が騒がしいので覗きにいくと、彭沢とお杉の結納が行われているという。
    それを知り、ショックを受けた又六は煮えたぎる酒の中に身を投げてしまう。

    結末はとっても切ないです。
    なお、この本は自費出版で市販されていないため、寄贈図書として収蔵されていました。

[ 秋野よう | この記事のURL ]


サイト管理

nicky!用RSS出力CGIを、nickyカテゴリ対応版で使う

この日記のRSSは「nicky!用RSS出力CGI」で表示してるんですが、最近6月以降のRSSが表示されなくなっていました。
おかしいなぁと思いつつも放置してたんですが、やっと原因が分かりました。
nicky!カテゴリ対応版(2004/09/27版)に入れ替えたせいでした。
nicky!のデータファイル名は、従来は「./2004/1005A.nky」という形式だったのですが、カテゴリ対応版では、カテゴリをつけた記事ファイルが「./2004/1005A_00000020.nky」という形式に変わったのが原因のようです。
この不具合は、作者のitsumoさんに連絡済なので、近いうちに修正版がリリースされると思いますが、とりあえず以下のように改造することで、カテゴリつきの記事でもきちんと動くようになりました。

174行
if ($file =~ /^\d\d\d\d[A-Za-z].nky$/) {
        ↓
if ($file =~ /^\d\d\d\d[A-Za-z]_\d+.nky

[ 秋野よう | この記事のURL ]


アニメ

tactics #1「黒天狗覚醒」の感想

今、リアルタイムで「tactics」見てます。
明日の朝に提出しなければいけないレポートが、まだ終わらないので、やむを得ず……

提供は、「コミックの無限の可能性を追求する マッグガーデン」ですか……
それはさておき、製作スタッフは「魔探偵ロキ」の面々。

ストーリーはずっと、シリアス路線でいくんでしょうか?
ドラマCDもそうだったけど、勘ちゃんと春華の声は格好よすぎ。
ふとギャグ調になる、原作のあの感じも好きなんですが。
たぶん、ロキのときと同じような感じだと思うので、私好みの展開はしてくれないんだろうなぁ。

ヨーコ役に川上とも子っていうのは、なかなかいい配役ですね。
アニメオリジナルキャラクターの江戸川すずって、なんか大島玲也(フレイヤ)に似てる。
今回は出てこなかったけどスギノ様の、むーちゃんに対するラブラブぶりに期待!
[ 秋野よう | この記事のURL ]


アニメ

お伽草子#15「東京」の感想

続いて「お伽草子」現代編。
#14までは平安時代が舞台だったのに、#15からは現代が舞台です。
安倍晴明が勾玉の力を使って平安京を崩壊させた(#14)影響で、光たちの魂が現代に飛ばされてしまった(#15〜)——ってことになるのかな?
平安編は安倍晴明がキーで、現代編は兄の源頼光がキーとなるようです。
現代編では兄が失踪していて、それは山手線と関係があるそうですが、それ以前に平安編の話がよく分からんので、どうしようもない。

あの赤い髪の男って、たぶん安倍晴明でしょう。
現代に来ても、やっぱり謎なキャラなのか!
晴明は、一体何をしたかったのか?
最終話まで全部見ないと分からないアニメなので、今の段階でいろいろ想像してもどうしようもないのですが。
ともかく、キャラクターの関係は、現代でもあまり変わらないようですね。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット

プロキシ!?

プロキシについてのウェブサイト
 → http://www.geocities.com/purokishi/

タイトルに、おもいっきり騙されてしまいました(笑)。
でも、これなら騙されても嫌な感じがしないね。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


none

掛布さんはフェイクでしょう

楽天の新球団の、監督候補に掛布さんがあがっているそうです。
キャラ的には面白いですけど、新規参入球団に対する様々な重圧をしょって立他なければいけないことを考えると、無茶かな。
球団に問題があっても、結局非難の矢面に立つのは監督ですから、野村克也(現 シダックス監督)大沢啓二(元 日本ハムファイターズ監督)星野仙一(現 阪神タイガース監督)さんあたりのほうがよさそう。
理想を言えば長嶋さんなんですが、球界復帰は無理そうだし。
支持を得るだけでもいいんですけど、巨人からもにらまれてますから無理そうですね。
 楽天監督候補に掛布氏 阪神で本塁打王3度
 プロ野球へ新規加盟申請している楽天が新監督の候補に元阪神の掛布雅之氏(49)を挙げていることが7日、分かった。この日、楽天関係者が「候補の1人です」と認めた。
 掛布氏は千葉・習志野高からドラフト6位で1974年に阪神に入団。15年間の現役生活で本塁打王に3度、打点王を1度獲得、ベストナインにも7度選ばれるなど、阪神の主力打者として活躍し「ミスタータイガース」と呼ばれた。
 楽天は既にスポーツジャーナリストのマーティ・キーナート氏のゼネラルマネジャー(GM)就任を決めている。
[ 共同通信社 2004年10月7日 10:45 ] (スポーツナビより)

[ 秋野よう | この記事のURL ]


サイト管理 / 時事・社会

enom、あんた勝手に何やってるの!

pokesate.comと350ml.netのドメイン管理をお願いしている、VALUE-DOMAINのサイトに「WHOISで公開されている登録者情報を無断で使用した偽装.INFOドメインについて(2)」というお知らせが出てました。
■WHOISで公開されている登録者情報を無断で使用した偽装.INFOドメインについて(2)

今月6日のアナウンス後に、事実関係が判明致しましたので、お知らせ致します。
先月末より、上位レジストラ「eNom, Inc.」で登録された方の登録者情報を無断で使用し、.INFOドメインを取得されている状況がございました。判明している統計では9月27日〜10月4日の1週間で100万近くのドメインが「eNom, Inc.」経由で登録されています。
調査結果、この登録を行ったのは「eNom, Inc.」自身であり、「Sipence, Inc.」という別の会社名で行った模様です。
正式なアナウンスはなされておりませんが、「eNom, Inc.」が既存利用者に対して、取得した.INFOドメインを、格安、または、無償で提供するという情報もあり、販売促進効果を狙った行為と思われます。
”無断で”利用者の情報を利用する行為は、明らかに不当な行為であると考えております。また、たとえ、無償で提供するつもりで、利用者の利益を考えた行為であったとしても、勇み足であると考えております。
弊社では、「eNom, Inc.」に対し、厳重に抗議して参ります。
また、この件に関して、他の利用者からも多数の抗議が来ている模様です。「eNom, Inc.」から正式な見解が出ましたら、追って報告させていただきます。
ご心配をお掛けしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
以上
もしやと思い、pokesate.infoをwhoisしてみたところ、pokesate.infoを取得していないのにもかかわらず、私名義になってました。
うわぁ、私も被害者だわ——
350ml.infoのほうは、別の方がすでに取得していたようで関係ありませんでした。
VALUE-DOMAINは信頼のおけるいい業者なんですが、再販元のenomが悪さをするなんて……
[ 秋野よう | この記事のURL ]


時事・社会

やはり違法だったか

以前「日本のテレビ番組が、海外でも見られる!?」という記事を書いたのですが、同様のサービスを行っていた業者に対し、サービス停止の仮処分申請が認められたようです。

 INTERNET Watch 東京地裁、テレビ番組録画サービス「録画ネット」にサービス停止の仮処分
 → http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/10/08/4924.html

で、これが今回問題になっているサイトです。
録画ネット
 → http://www.6ga.net/
意外にもヘルプが充実してます。

テレビを見ることできるサーバならグレーゾーンと言えなくもありませんが、テレビを見るためのサーバなので、結局違法行為になってしまうんなんですよね。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


PC・家電

MSX MAGAZINE永久保存版3、近日発売か?

MSXアソシエーションのサイトが更新されていたので、見に行ったら「第2回MSXショートプログラムコンテストのお知らせ」が出てました。
もしや「MSX MAGAZINE永久保存版3」が近々発売されるってことですか?

そういえば夏頃に出てた月刊アスキーで、西さんがMSXPLAYerをインテント以外の言語(何かは忘れた)で作り直していると言ってました。
私のパソコン(Celeron 500MHz 現在故障中)には荷が重く、親のパソコン(Athlon XP-M 2000+)でも処理速度が波打つように変わってしまい、特にアクションゲームが辛かったのですが、どれだけスムーズに動くようになっているのか、期待してます。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


時事・社会 / メディア

楽天監督は田尾さんですか!

楽天の監督は、田尾安志さんに決定したそうです。
 → 楽天 ニュースリリース「楽天野球団 監督の決定について

田尾さん、おめでとうございます!
でも、ニッポン放送でやってる「ショウアップナイターストライク」はどうするんでしょうか。
やっぱりパーソナリティを降りるんでしょうか?
楽天監督に田尾安志氏 13日にも正式発表
 プロ野球に新規参入を目指している楽天の新規加入が決まった場合の監督に、中日、西武などで活躍した野球評論家の田尾安志氏(50)が就任することが12日、決まった。本人が13日にも記者会見し、正式発表する。
 楽天は元阪神の掛布雅之氏に監督就任を打診したが、固辞される見込みが強くなったため、急きょ田尾氏に白羽の矢を立てた。マーティ・キーナート・ゼネラルマネジャー(GM)を交えた12日のミーティングで田尾氏を起用することで最終的に一本化した。
 田尾氏は同大から1976年にドラフト1位で中日入り。81年から4年連続で打率3割をマークした好打者。85年から西武、87年から阪神に移籍し、91年を最後に現役を退いた。
 これまでプロ野球での指導者としての経験はないが、打撃理論には定評がある。(共同通信)
京都新聞電子版より
[ 秋野よう | この記事のURL ]


サイト管理 / 雑想

相互広告はピンポイント戦略で

メルマガの相互広告って、下手な鉄砲数打ちゃ当たるって理論ですよね。
相手の発行部数が多ければ多いほど効果的ですが、相互広告を受け付けてくれるメルマガの大半は小数部です。
広告を見て興味を持ってくれる人なんて、天文学的な確率でしか存在しません。

効果的なのは「打ちゃ当たる」よりも、「ピンポイント」で攻めるという戦略です。
自分のメルマガで扱っているジャンルから、ちょっとズレた位置にいるメルマガがねらい目です。
発行部数が多いほど効果的なのはもちろんのこと、発行部数が少なくてもコアなメルマガも効果があります。
同じジャンルのメルマガに広告を出しても、さほど効果は上がりません。
たいていは、相手のメルマガで満足してますから、自分のメルマガをとって見ようなんて思いもしません。
また相手の発行者からは、読者を奪われるんじゃないかと警戒されますしね。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


none

レポート用具一式、忘れてきました

今日は、実験の日でした。
予習レポートを書く時間もテキストを読む時間がなかったので、バスの中で読んでました。
が、バスを降りる際、うっかりレポート用品一式を置き忘れてきてしまいました。
テキストが無事だったのは不幸中の幸いですが、レポート用紙・グラフ用紙・書きかけのレポート・測定データを失いました。
測定データは、共同実験者からもらえましたけど、グラフは書き直し。
しかも、先週のレポートを提出できなかったので減点。
はぁ。

これから営業所に連絡して、引き取りに行ってきます。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / 雑想 / アニメ

花井先生

レポートを書いているさなか、ふと「花井先生」という単語が頭をよぎりました。
誰だっけ?と思って早速検索してみたら、「じゃりん子チエ」に出てくる、テツの小学校時代の恩師でした。
傍若無人、勝手気ままなテツにとって、唯一頭があがらない人物ですね。
懐かしいなぁ、大阪に住んでいた頃よく再放送を見てました。
以前、TVKで見たときに気づいたんですが、オープニングは花札をモチーフにしてるんですね。
当時は気がつかなかったなぁ——
当時は幼稚園児だったから、花札を知ってる訳ないか。

じゃりン子チエ オフィシャルホームページ 西萩通信
 → http://www.futabasha.com/chie/
関西じゃりン子チエ研究会
 → http://www.jarinko.com/
[ 秋野よう | この記事のURL ]


アニメ

サムライチャンプルー第2期 放送決定

地上波では未放送分をかかえたまま、9月に最終回を迎えた「サムライチャンプルー」ですが、1月から第2期がスタートするそうです。
渡辺信一郎監督は「COWBOY BEBOP」のときもそうでしたが、音楽の使い方がうまいですね。
また演出の方では、プロモーションビデオのテクニックを取り入れていますが、アニメでも全然違和感を感じません。
さすが。
シナリオも、フウ・ジン・ムゲンの3人も魅力的です。
果たして、フウは「向日葵の匂いがするお侍さん」を見つけられるんでしょうか?
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想

NintendoDSは、GB・GBC非対応!?

任天堂の、ニンテンドーDSのHardwareページより
[7] GBAカートリッジ差し込み口
ゲームボーイアドバンス専用カートリッジを差し込みます。
※ゲームボーイカラー専用・ゲームボーイ&カラー共通・ゲームボーイ用カートリッジはご使用できません。

(中略)

ゲームボーイアドバンス専用カートリッジ

ゲームボーイアドバンス専用カートリッジも使用することができます。
※ゲームボーイアドバンスソフトの通信機能は使えません。
なんてことだ…… OTZ
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想 / 時事・社会 / メディア

ウィルス「ザク」登場!?でゴッゴル

何かアニメのサブタイトルみたいなタイトルになってますが、気にしないように。(ゴッゴルについては後述)

米トレンドマイクロが「WORM_ZAKU.A」というワーム(ウィルスの一種)の発生を確認したそうです。
トレンドマイクロによると、レジストリに「CHOBITS」とか「Chii?」と書き変えたり、システムフォルダの中身を消すワームだそうです。
ワームの本体には「T_T CHOBITS by DarkChii」という署名つきだとか。
VisualBasic製で、Windows95以降の全OSで感染するそうです。
——って、ガンダムとは全然関係ないやん!

 → INTERNET Watch:新型ウイルス「ZAKU」が登場〜ファイルを削除する可能性も


ゴッゴル
業者に踊らされているような気もしますが、流行ものに乗っかっちゃってます(笑)。
それにしても「ゴッゴル」って怪獣みたいな言葉だわ。
TIMのゴルゴ松本とか、ギリシャ神話のゴルゴンを髣髴させます。
何か不思議な響き。
 →第 1 回 SEO コンテスト


※2004/12/20追記
 SEOコンテスト終了に伴い、ゴッゴル関係のトラックバックは一切お断りします。

[ 秋野よう | この記事のURL ]


アニメ

ねとらんOVA

11/24にソフトバンクパブリッシングからDVD「ねとらん者 THE MOVIE 初回完全限定版」というOVAが発売されるそうです。
 → SOFTBANK GAMES :マジ!? ネトランが今度は豪華声優起用のOVA制作!!

ネットランナー創刊5周年企画ということですが、CD・DVDショップのほか、書店でも購入可能とのこと。
今回も波乱含みで、登場キャラの原作者に許諾を得ていなかったりして反感をかってるそうです。
ネットランナーらしいというか、何というか……
 → ARTIFACT —人工事実— :ネットランナーのOVAのキャラ問題
【初回特典】
任意たんフィギュア付き原型:宮川 武(T's system)
【スタッフ】
キャラクターデザイン・総作画監督:ぽよよんろっく、プロット原案:玉井豪
監督・コンテ・演出:鎌田祐輔、脚本:神戸一彦、メカデザイン:小原渉平、音楽:Revo(Sound Horizon)、アニメーション制作:スタジオ雲雀
【キャスト】
BBランナー:山口勝平、乱奈:榎本温子、ちゆ12歳:桃井はるこ、任意たん:平井理子、ひろゆき:水島大宙、侍魂健:大塚芳忠、ぽよよん・ろっく:とろ美
とらのあなより引用)

[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想 / メディア / 今月の○○

今月のびみょん(微妙)

雑誌「日経パソコン」に、バファリンの広告が——

(´・ω・`)



頭痛の半分は、無茶な要求から出来てたりするんでしょうか。


(この文章は350ml.netトップページからの転載です)

[ 秋野よう | この記事のURL ]


サイト管理 / 雑想 / メディア

ひろゆき氏のところからトラックバックが

前回のゴッゴルで、某ひろゆき氏のところにトラックバックを飛ばしといたんですが、ひろゆき氏のところからトラックバックが帰ってきました。
流行ものにはのってみるもんだなぁ。

あれ、もしかしてライブドアブログの自動トラックバック返し機能なのかな?
nicky!のトラックバック通知メールによると、メール送信時刻が「25 Oct 2004 12:23:35 +0900」、IPはライブドアのサーバで、ユーザエージェントが「livedoorTrackBack/0.01」なんですけど。

[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想

私のメモ

いつもネタ集めのために、メモを持ち歩いているんですが、全然使われないまま溜まりに溜まっているネタが多いので、ここで放出しちゃいます。
メモの実物は、単語だらけ&文脈が飛んでたりして分かりにくいので、ここでは多少整理して書いてます。
------------
 日経エコロジー2004年8月号によると、使用済みのペットボトルの値段が上がっている。
再生フレークの価格は1kgあたり¥55〜85(従来は¥25〜85)。
中国での圧倒的な需要で、日本国内では品薄状態。
今後2・3年以内に中国国内に化学プラントが完成するので、PET樹脂を作ることができるようになるまでの辛抱。
再生フレークは、カーペットや樹脂シート、ペットボトル、卵パックに再利用される。

※日本が不況から立ち直りつつあるのは、中国のおかげもあるんですよ。
でも専門家によると、この中国特需はあと2・3年で終わり、バブルもはじけるとか。
たぶん中国は、日本の高度経済成長期と同じ道を歩んでいるんじゃないでしょうか。
------------
 日経エコロジー2004年8月号によると、LED信号機が全国に浸透しつつある。
2004年3月までに、全国で車両用108万灯(6万2千セット)、歩行者用83万灯(1万5千セット)を設置。
消費電力は従来の1/7で、経済産業省の試算によると原油21万kℓの節約になる。
従来は毎年電球を交換していたが、LEDは交換不要。
また疑似点灯がなくなるため信号が見やすい。

※神奈川県警は、原則として新設・交換の信号に導入するという方針だそうです。
そういえば、最近ちらほらと見かけるようになりました。
------------
 NHK「にほんごであそぼ」で使用しているフォントは、リュウミンLをベースにして作成したオリジナルフォント。

※カルタとかに使ってるフォントですね。
------------
 フォント1書体を作るとすると、かなだけだと3ヶ月かかって、お値段は約200万円。
モリサワは1書体製作するのに、5年を費やす。

※そんなにかかるとは知らなかった。
バランス調整に一番手間を掛けているんだろうなぁ。
------------
 浅草 花やしきの3Dシアター(TP-1)の上映作品。
「忍たま乱太郎」カラクリ古寺を突破せよ!!の段
監督:望月智充 脚本:浦沢義男 製作:総合ビジョン・ビジュアルサイエンス研究所 制作:2002年
キャスト:乱太郎(高山みなみ)、きり丸(田中真弓) 、しんべヱ(一龍斎貞友)、ユキ(丹下桜) 、トモミ(江森浩子)、シゲ(むたあきこ)、稗田八方斎(飯塚昭三)、土井半助(関俊彦)

※忍たまらしさを生かしつつ、3Dのメリットをアピールしていた良作。
3Dをアピールするため、アクションが多かったです。
------------
日経エンタテインメントに連載の「テレビ証券」(指南役 著)より

日経エンタテインメント2004年2月号より
 ピタゴラスイッチ視聴率(水曜日放送分のみ)
  11月第3週 0.9%
    第4週 0.5%
  12月第1週 0.6%
    第2週 0.5%


日経エンタテインメント2004年9月号より
 ピタゴラスイッチ視聴率(週平均)
  6月第3週 3.1%
    第4週 2.9%
  7月第1週 2.6%
    第2週 2.7%


(視聴率はビデオリサーチ(関東地区)調べ)

※意外に視聴率がいいですね
------------
ニッポン放送の長寿番組「新日鉄コンサート」が放送終了へ

※オールナイトニッポンリスナーならおなじみですね。
まだ起きていたいのに、あの番組が始まると非常に眠くなります。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想 / 時事・社会

今週のヘビーローテーション

♪マツケンサンバII/松平健

最近の話題曲ですね。
自分への応援歌のような感じで脳内ループしてます。
BIGLOBEのマツケンサンバII特設サイトのプロモビデオから、音だけ抜き出してファイル化して、しょっちゅう聞いてるせいかな。
そういえば「マリア様が見てる」内でCMが流れたときは、マリ見ての雰囲気を、見事にぶち壊してくれましたっけ。
あとマツケンマンボって曲もあるんですが、こちらはあまり面白くないです。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想 / 生活 / メディア

今週の一曲  ♪ミスゴブリンのおとみさん/ミスゴブリン

某コンビニでバイトしてるんですが、最近店内で妙な曲が流れてます。
ん、これは昭和の名曲で春日八郎の「お富さん」?
「ミスゴブリンのおとみさん」(ミスゴブリン)だそうです。
でも、沖縄風アレンジで陽気な曲ですね。
歌声は横山智佐さんに似てます。
CDは、本日発売だそうです。

視聴サイト
  → キングレコード:ミスゴブリン

そうえいば、ちょっと前、笠木シズ子さんの「買物ブギ」を歌ったUmekichiさんって人もいましたっけ。
昭和歌謡が、はやりつつありますね。
ビバリーリスナーとしては、昭和歌謡ブームになってくれると嬉しいですね。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット

メールマガジンのランキング

まぐまぐでメールマガジンを発行している人のための、面白いサイトを見つけました。
「メールマガジンのランキング屋さん」という個人運営のサイトなんですが、まぐまぐのサイトに掲載されているデータを取り込んで、独自にランキングを集計しているそうです。
ちなみに「ポケモンメールニュース」は、「エンタテイメント > アニメ」カテゴリで19位。
意外に健闘してますなぁ。

メールマガジンのランキング屋さん
 → http://pro.que.ne.jp/magzine/mag2/
[ 秋野よう | この記事のURL ]


PC・家電

turboR 製造中止からはや10年、MSXは1チップになって帰ってきた!

先日MSX ASSOCIATIONのサイトで、「ALTERA PLD EXPO 2004」で1チップMSXを展示するという発表があったのですが、ASCII24でそのレポートが出てました。
性能はMSX1相当で、アルテアのFPGA「Cyclone EP1C12Q240C8」(240ピンPQFP)をメインに、RAMは32MBのSDRAM、カセットはSDカードスロットに、各種端子はカードリッジスロット×2、ジョイスティックポート×2、ピンジャック、キーボード端子、VGA端子、USB端子×2、SDカードスロットという構成だそうです。
なんでもプログラマブルプロセッサというものを使って、CPU(Z80A相当)・VDP(TMS9918相当)・PSG(AY-3-8910相当)を1チップに収めたそうです。
そういえば西さんは「MSX Magazine永久保存版2」で、1チップMSXについて考えてるってって言ってましたっけ。
また試作品を作るだけでも数億円かかかるそうなので、1チップにせざるを得なかったんでしょうけど。
1チップMSXの製品化の時期や価格は未定である。
また公開された試作ボードそのままの仕様ではなく、一部コネクタ類を削減して、価格を抑えた形になる可能性も指摘された。
佐藤氏によれば、流通経路は書店での販売を検討しているとのこと。
また「来年の3月くらいには発売したい」とのことだった。
価格を抑えるのはいいんですが、コネクタを削減すると何にもできなくなってしまうのでは?
しかも流通経路は書店で、来年3月というタイミングってことは、「MSX Magazine永久保存版3」の付録になるのか!?


 ASCII24:「アスキーとMSXアソシエーション共同開発チーム、FPGAで作った“1チップMSX”を公開——製品化は来年3月を目標」
  → 最後のMSXから10年目の復活
  → 自分なりの“MSX3”を自分で作ることも?
[ 秋野よう | この記事のURL ]