きゃらりこ日誌

2017年06月

生活 / メディア

夏季巡回ラジオ体操まで、あと1か月

NHKの夏季巡回ラジオ体操のスタートが1か月後に迫ってきました。
今年も生放送に参加すべく、神奈川県の開催地を確認してみたんですが、今年は8/29 茅ヶ崎市の茅ヶ崎中央公園(雨天時 茅ヶ崎市総合体育館)とのこと。
過去、2009年・2015年・2016年の3回参加していますが、今年は自宅から結構遠いから参加できそうにないなぁ。

2015年に参加したときの様子(放送開始直前)


夏季巡回ラジオ体操の醍醐味は、普段テレビ体操でしか見られない指導者の動きを生でしっかり見られるということです。
素人のやるラジオ体操は各所の動きが流れがちなんですが、本職のラジオ体操はキビキビとした動きで、緩急がつけられ、緩めるところは緩め、止める所はきちんと止め、重力に任せて腕を下げるのではなくきちんと速度をコントロールしていたり、ダイナミズムにあふれてます。
指導者の動きを真似して体操すると、体の筋肉をしっかり使うので、かなり疲れます。

またアップライトピアノによる、ラジオ体操第一・第二の生演奏も聞きどころの一つ。
あれは身体が動かしづらい部分はちょっと遅く、早く動きがちなところは速めに演奏してくれていて、なおかつ放送時間内に収まるように計算されているんです。
また演奏者によって弾き方の癖があって、特に生放送では顕著に現れます。

生放送終了後には、ラジオ体操ワンポイントレッスンがあったり、普及度がいまいちな みんなの体操をやったり。
また帰りにちょっとしたお土産(朝ドラ・大河ドラマなどのポストカードやシール、各種チラシ類、そして磁石・弁当用の箸箱・ミニタオルなどの小物雑貨、自治体によってはペットボトルの飲料水も)があったりと放送外のお楽しみもあります。
たまには早起きして、汗を流してみるのもいいもんですよ。
[ 秋野よう | この記事のURL ]