きゃらりこ日誌

2018年10月

PC・家電 / 技術

Lightningケーブルの端子

iPhone・iPadで使われているLightning端子に内蔵されている認証チップについて調べていたところ、ある海外のサイトにいろいろ書かれているのを発見しました。
端子部分の曲げ強度は10kg(ただしジャックは3kg)、引っ張り強度は450gですが、端子とケーブルとのハンダ付け部分は硬化剤で固めて補強してるそうです。

またAppleカスタムチップの附番は、Aで始まるものはCPU(A10 Fusionなど)、CはLightning端子のチップ、Hは入出力関係のチップ(ディスプレイポート・USBなど)、Lはオーディオコーデック、SはApple Watch用チップセット、TはMac用チップセット、WはAirPods用チップセット、Xは無線チップになっているようです。
MFi認証品(左)と、非正規品(右)のLightningケーブル
Lightning端子の違いは、以下の通りです。

【頭の3文字】
Lightning端子の種類。
C10
固定強度の問題から、ケーブル用。端子は金メッキなし。2012年製造開始。現在は製造終了。
C11
固定用のネジ穴が設けられていることから、ドックや本体と端子が一体化しているアクセサリ向け。端子は金メッキなし。2012年製造開始。現在は製造終了。
C12
固定用のネジ穴が設けられているが、接合部の形状の都合でケーブル・ドックでは使用禁止。本体と端子が一体化しているアクセサリ用。端子は金メッキなし。2013年製造開始、2019年製造終了予定。
C37
Lightningのジャック(差し込まれるほう)。
C48
充電・通信用。アクセサリ側(逆方向)への電源供給は不可能。端子は金メッキなし。Lightning Audio Module非対応。C10・C11の後継。2013年製造開始、2019年製造終了予定。
C52
Apple純正品で使用。製造終了?
C68
端子は金メッキ。2013年製造開始、2019年製造終了予定。
C78
Apple純正品で使用。端子は金メッキ。USB Type-C対応。C12・C68の後継。
C79
USB Type-C対応。C12・C68の後継。
C89
USB Type-C対応。USB-PD非対応。C48の後継。
C91
Apple純正品で使用。端子は金メッキ。USB Type-C・USB-PD対応。C52の後継。
C94
端子は金メッキ。USB Type-C・USB-PD対応。C48の後継。


【末尾の英字】
チップの設定。C10・C11・C12では取っ手で隠れてしまう場所に印刷されている。
A
USBホストモード。USB Type B専用。充電は非対応(アクセサリ側への供給のみ)。C10A・C48A・C68Aなど。
B
USBデバイスモード。USB Type A専用。C10B・C12B・C48B・C68Bなど。
C
シリアル通信モード。
D
充電専用。アクセサリ側(逆方向)への電源供給はできない。C10D・C11Dが存在したが、現在は廃止。
E
Lightning Audio Modul搭載アクセサリ専用。C10E・C11E・C12E・C68Eなど。

※ Lightning Audio Module: オーディオ関係のアクセサリに必須のDAC(D/Aコンバーター)。Apple純正品ではCirrus Logicのカスタムチップを内蔵しているが、サードパーティではWolfson WM8533(iPod 第5.5世代(iPod Video)や、Lightning-30ピンアダプタでも採用)を使用している。
[ 秋野よう | この記事のURL ]