きゃらりこ日誌

2020年10月

PC・家電 / 技術 / メモ

印刷のトンボって、描き方に決まりはあるの? たぶん、ない…

Affinity Desigherには、日本式のトリムマーク(トンボ)を描く機能が実装されていません。
仕方がないので、自前で描くしかないなと思ったのですが、そこでふと疑問に思いました。
日本式のトンボって、描き方に決まりがあるのかな?と。

そこで地元の図書館で、DTPが主流になる前に書かれた印刷関係の本を読み漁ってみました。
しかし、トンボのトの字も出てきません。
そこでネットで検索してみたところ、印刷屋さんがDTPが主流になる前のアナログ原稿時代の話を懐かしく語っている記事を、いくつか見つけました。
それによるとアナログ原稿が主流の頃は、デザイナーさんは原稿について大まかな指示を出すだけで、版下工程の職人さんが実際のデザインを行っていたそうです。
そしてトンボは、版下職人さんが烏口やロットリングを使って手書きしていたそうです。

手書きで描かれていたこともあり、トンボの描き方には厳密な決まりはなく、職人さんや製版会社によって微妙に異なっていたようです。
また手描き用の漫画原稿用紙でも、メーカーによってトンボのデザインが異なっていたり、トンボが存在せず内枠・外枠で済ませているものもありました。
これは困った…
仕方がないので、事実上、印刷業界の標準になっているAdobe Illustratorのトンボを参考にすることにしました。

Adobe Illustratorのトンボ
Adobe Illustratorのトンボ

調査の結果は、上の図の通りです。
なぜかセンタートンボの長さだけが、インチ単位でした。
トンボの形と塗り足しの幅を守っていれば、それ以外の長さは何でも構わないのですが、なんでインチ単位なのでしょうか?
Adobe Illustratorは海外のソフトなので、内部処理の都合…かな?
[ | この記事のURL ]