きゃらりこ日誌

PC・家電 / 技術

Lightningケーブルの端子

iPhone・iPadで使われているLightning端子に内蔵されている認証チップについて調べていたところ、ある海外のサイトにいろいろ書かれているのを発見しました。
端子部分の曲げ強度は10kg(ただしジャックは3kg)、引っ張り強度は450gですが、端子とケーブルとのハンダ付け部分は硬化剤で固めて補強してるそうです。

またAppleカスタムチップの附番は、Aで始まるものはCPU(A10 Fusionなど)、CはLightning端子のチップ、Hは入出力関係のチップ(ディスプレイポート・USBなど)、Lはオーディオコーデック、SはApple Watch用チップセット、TはMac用チップセット、WはAirPods用チップセット、Xは無線チップになっているようです。
MFi認証品(左)と、非正規品(右)のLightningケーブル
Lightning端子の違いは、以下の通りです。

【頭の3文字】
Lightning端子の種類。
C10
固定強度の問題から、ケーブル用。端子は金メッキなし。2012年製造開始。現在は製造終了。
C11
固定用のネジ穴が設けられていることから、ドックや本体と端子が一体化しているアクセサリ向け。端子は金メッキなし。2012年製造開始。現在は製造終了。
C12
固定用のネジ穴が設けられているが、接合部の形状の都合でケーブル・ドックでは使用禁止。本体と端子が一体化しているアクセサリ用。端子は金メッキなし。2013年製造開始、2019年製造終了予定。
C37
Lightningのジャック(差し込まれるほう)。
C48
充電・通信用。アクセサリ側(逆方向)への電源供給は不可能。端子は金メッキなし。Lightning Audio Module非対応。C10・C11の後継。2013年製造開始、2019年製造終了予定。
C52
Apple純正品で使用。製造終了?
C68
端子は金メッキ。2013年製造開始、2019年製造終了予定。
C78
Apple純正品で使用。端子は金メッキ。USB Type-C対応。C12・C68の後継。
C79
USB Type-C対応。C12・C68の後継。
C89
USB Type-C対応。USB-PD非対応。C48の後継。
C91
Apple純正品で使用。端子は金メッキ。USB Type-C・USB-PD対応。C52の後継。
C94
端子は金メッキ。USB Type-C・USB-PD対応。C48の後継。


【末尾の英字】
チップの設定。C10・C11・C12では取っ手で隠れてしまう場所に印刷されている。
A
USBホストモード。USB Type B専用。充電は非対応(アクセサリ側への供給のみ)。C10A・C48A・C68Aなど。
B
USBデバイスモード。USB Type A専用。C10B・C12B・C48B・C68Bなど。
C
シリアル通信モード。
D
充電専用。アクセサリ側(逆方向)への電源供給はできない。C10D・C11Dが存在したが、現在は廃止。
E
Lightning Audio Modul搭載アクセサリ専用。C10E・C11E・C12E・C68Eなど。

※ Lightning Audio Module: オーディオ関係のアクセサリに必須のDAC(D/Aコンバーター)。Apple純正品ではCirrus Logicのカスタムチップを内蔵しているが、サードパーティではWolfson WM8533(iPod 第5.5世代(iPod Video)や、Lightning-30ピンアダプタでも採用)を使用している。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / 雑学 / メディア

MVNOの通信速度が遅い理由

図解を作る練習がてら「MVNOの通信速度が遅い理由」というスライドを作ってみました。
図解でざっくりと説明するために細かいところは省いていますが、それでも文字が多すぎますね。
「MVNOの通信速度が遅い理由」の図解


MVNOの通信速度が遅い理由
ピーク時のMVNOの通信量と③の太さ(帯域幅)が見合っていないのが、一番大きな原因。
電波が反射しやすい場所・利用者が多い場所(人混みの中など)では電波干渉の影響を受けるため、①が原因になることもある。
※ アンテナピクトは電波の強さを表すもので、電波の質の良し悪しを表すものではない。

なお自社でMVNO設備を持たず、他社(IIJ・OCN・NUROモバイルなど)の設備に相乗りする、二次MVNO(DMMモバイル・イオンモバイル・LINEモバイルなど)もある。

※ ③の接続料金(10Mbpsあたり)は、NTTドコモは55.2万円、auは76.6万円、ソフトバンクは77.3万円(2017年度)。
キャリア:NTTドコモ・au・ソフトバンク
MVNO:楽天モバイル・IIJ mio・OCN モバイルone・mineo・UQ mobileなど
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / PC・家電 / 技術

SVGを使ったアナログ時計のウェブアプリの作成

私は普段使いの時計はアナログ腕時計なのですが、iPhoneにはアナログ時計がありません。
iOS 8までは、時計アプリの世界時計のページにアナログ時計とデジタル時計が併記されていたのですが、iOS 9でアナログ時計を廃止してしまいました。
iOS 7では時計アプリのアイコンのアナログ時計が動くようになりましたが、アイコンサイズの時計は小さすぎて見づらく、実用的ではありません。
またApp Storeで時計アプリを探してみましたが、機能が単純すぎるアプリはApple側の審査で却下されるということもあり、奇抜な色使いだったり複雑で、普段使いに向かないものばかり。
そういった訳で、時計アプリを自作することにしました。
時計アプリのデザイン一覧
https://350ml.net/app/

方針
コンセプトは、普段使いに向き、シンプルかつ質実剛健で、ノーメンテナンスで末長く使い続けることができるアナログ時計です。
デザインに関しては、既製品のCAD図・カタログ、国土交通省「公共建築設備工事標準図(電気設備工事編) 平成28年度版」を参考にすることにしました。
開発言語に関しては、私の手元にはiOSアプリの開発環境がないことと、またスマホ・PCでも動作可能であるということを考慮し、HTML5・JavaScript・SVGを使ったウェブアプリを作ることにしました。
オフラインキャッシュにはJavaScript WorkerのひとつであるService Workerを使用します。
なお最近のほとんどのブラウザではService Workerに対応しているので問題はありませんが、何らかの理由でオフラインキャッシュが削除された場合や、また将来的にサポートが打ち切られた場合は、オフラインで使用することができませんが、それは許容することにしました。
なおウェブブラウザを使う都合上、時間の正確性・精度はブラウザの仕様に依存するため、うるう秒には対応することはできません。

作り方
丁寧に説明すると長くなるので、ざっくり説明します。
CAD図などを背景画像にして、SVGを手打ちしてトレースしながら、歪みなどを補正していきます。
 参考資料:ASCII.jp:本気で使いこなす「SVG」再入門【2015年版】
ドーナツ円や図形の合成・数字など、手打ちでの制作が難しいところはInkscape・SVG Cleanerの助けを借ります。
文字盤のフォントは、NHK時計はSwiss 721 BT(Bitstream版のHelvetica)を幅1.5倍にしたもの、駅時計はCheltenham Bold BTを使用しました。
 フォント入手先:改訂6版 TrueTypeフォントパーフェクトコレクション(インプレス)
また針の回転・目盛りについては、transform属性のrotateを使用しました。
 参考資料:ASCII.jp:HTML5のInline SVGをJavaScriptで操作|古籏一浩のJavaScriptラボ
Service Workerについては、JavaScriptが苦手なのでよく理解できていないのですが、コピペでなんとかしました。
 参考資料:Service Worker の紹介 | Web | Google Developers

工夫点
実物の時計には歯車に遊び(バックラッシュ)があることを考慮に入れ、ブレが目立ちやすい秒針のみブレを加えています。
運針については、駅時計のみ30秒運針(30秒ごとに、時針・分針が動く)になっています。
時報については、ファイルサイズを小さくするため、予報音・正報音は2つのファイルに分けて鳴らしています。
画像・音声ファイルの読み込み遅延が発生するのを防ぐため、base64エンコードでHTML内に埋め込んでいます。

最後に
今回はアナログ放送終了前まで使われていた青空を背景とした「NHK時計 レインボー」や、今年からスタジオで使われている「NHK時計 スタジオ版」、国土交通省仕様のアナログ時計を作ってみました。
資料探しの段階で調べた範囲では、これらのデザインを使った時計アプリ・ガジェットを作った人はいないようです。
私が世界初かもしれませんね。


NHK時計 レインボー・NHK時計 スタジオ版

[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / サイト管理

XREAの思い出

XREAとの出会いは今から16年前の、2002年のこと。
当時のインターネット界隈ではホームページを持つことが流行っており、パソコン向け・携帯電向けの無料ホームページサービスも花盛りでした。
回線やサーバの性能は今と比べると貧弱で、バックボーン100MBの高価な回線に複数のサーバが接続され、ホームページ容量は無料プランだと上限が10MBなのが当たり前の時代でした。
一時的なアクセス殺到でサーバ・回線の負荷が上がったり、1か月間管理画面にログインがなかったり、1ヶ月間ホームページにアクセスがなかったりすると、問答無用でアカウントを削除するサービスも多くありました。
そんな中、私は2001年にこのブログの前身となるホームページを、ポータルサイトgooの無料ホームページサービスを使って開設しました。
翌年にはホームページサービスが終了することになり、いろんな無料ホームページサービスを渡り歩いた末に、2002年11月にXREAに移転しました。
CGI・SSIが使えたり、一定の条件の下で広告の移動が可能であるなど、無料・低価格で使えるホームページサービスとしては破格の好条件でした(今もこれらは変わっていません)。

XREAのトップページ(2002年11月頃)
XREAのトップページ(2002年11月頃)

XREAは2001年8月サービス開始だそうで、私はサービス開始2年目から使い始めたことになります。
GMOインターネットグループ入りしたときのインタビュー記事で知ったのですが、XREAを運営するデジロックの社長は、私が使い始めた当時はまだ学生で、在学中にデジロックを起業したそうです。
トラブルがあっても自己解決ができる上級者向けをうたっていたサーバでしたが、サポート掲示板でリクエストをすれば不足しているPerlモジュールをインストールしてくれたり、必然性があれば広告免除・無料で容量アップしてくれるなど、柔軟な運用が行われていて、それなりに良いレンタルサーバでした。
それから何年かすると、サポートも管理体制も最悪な暗黒期に突入します。
求人情報サイトのインタビュー記事によると、この頃のスタッフ数は社長も含めてたったの2人だけで、サポートは外注で回していたそうです。
この人数では、さもありなん。
私が使い始めたころには少なくとも、サーバ担当の山口さん(サポート掲示板に登場していたWebmasterさん?)と、ドメイン担当の吉澤さん(かつてVALUE-DOMAINで、ドメインの名義人を匿名にしたときに、代わりに名義人として表示されていた人)がいたはずなのですが…
運営会社がGMOインターネットグループに入ってからは、XREAはまともになり、ここ何年かはサポートも普通になり、サーバもリプレースされて安定して稼働しています。
ちなみに前述のインタビューによると、現在のスタッフ数は20人弱だそうです。

MySuite.netのトップページ(2001年7月頃)
XREAのサービス開始前に存在し、後にXREAに統合された、MySuite.netのトップページ(2001年7月頃)

暗黒期には、いろいろな事件がありました。
夜中にサーバが止まったら翌朝まで復旧しなかったり、創業時から使用しているS1~S3サーバは仕様変更の実験台にされがちなため不具合が出やすかったり(自作サーバだったそうです)、サーバのHDDクラッシュで日次バックアップも吹っ飛んで1か月前の状態に巻き戻されたり。
またウェブサーバが複数回にわたって改竄されたり、広告サーバが改竄されてマルウェアを配布している状態になっているのにしばらく放置されていたなんて事件もあって、セキュリティ系のサイトで報じられてしまったり。
サポート掲示板がスパムで荒れまくったり、サポート掲示板に日本語を理解できない海外ユーザ(規約違反)が増えたり。
毎年のように共有SSLの証明書や無料で使えるドメインの延長を忘れたり、上位レジストラのenomがxrea.comのドメインを一時停止したためXREAにアクセスできなくなったりという事件もありました。
幸いなことに、私は上記のいずれの被害にもあったことはありません。


X-BEATのトップページ(2003年4月頃)
X-BEATのトップページ(2003年4月頃)

あとアダルトサイト向けのX-BEAT!というサービスもありました。
サポート掲示板では「管理システムのOEM提供という形になっていますので、若干制限を設けたりされていることもありますが、基本的には同じです。」とのアナウンスで、運営会社はアメリカのカリフォルニア州のTC-X Communications だということになっていました。
しかしトップページのデザインはXREAの色違いで、VALUE-DOMAINのドメイン持ち込みも可能。
またドメイン周りの情報を見たりすると、無関係であると主張するのは無理があるような…
こちらは、リソース制限を厳しくしていたため503エラーが出やすく、夜は使えたものではありませんでした。またサーバがFBIに差し押さえられて止まったり、ドメインの更新忘れでつながらなくなったり、ドメインの更新し忘れを機にいつのまにかDX-BEAT!に変わっていたり、たまに24時間以上サーバが止まっていたり、アナウンスなしにサービスを終了したりという事件もありました。
私は検証用にX-BEATに1アカウントを持っていましたが、全く使い物にならなかったので放置状態でした。

XREAは、こういう過去があるサーバです。
だからXREAを商用のサイトに使おうなんて思いもしません。
まともなサーバを使いたいなら、有料の「さくらのレンタルサーバ」とか、現在は同じくGMOグループ入りしていいる「ロリポップ!」が、昔からの鉄板ですね。
15年もの長きにわたってXREAに居るせいか、愛着が湧いてしまって、ここから離れがたくなっていました。
現在では共用レンタルサーバ以外にも、クラウドサーバやVPSなどの選択肢があると思いますが、このブログは丸1日くらいなら止まっていても問題のないまったり運営なので、これからもXREAのままでいいかな。
[ 秋野よう | この記事のURL ]