きゃらりこ日誌

2005年07月



生活 / メディア

黒バラ@笑っていいとも

今日の、いいともの「あなたの知っているようで知らない世界」のテーマは、「テレビのナレーター」でした。
木村匡也さんや、下條アトムさんなどの有名どころが登場したなかに、黒バラでおなじみの垂木勉さん(タンジェントくん・人面石くん他)と、杉本るみさん(もの知り主婦 かずえ・ナレーション他)がでてきました。
しかし司会の中居さんが警戒したのか、お二人は対角線の両端の席に座ったうえ、杉本さんはほとんどしゃべらずにコーナーは終了。
んー、多くを期待していた訳ではありませんが、ちょっと残念。
杉本さんは想像よりも若かったです。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想 / 生活

ガンダム@今日の落書き


ファーストガンダムがここまで愛されているのは、すべてのガンダムシリーズの源流であるとともに、ロボットアニメに多大な影響を与え、なおかつ今でもその影響を受け続けているからなのでしょうね。

この落書きは、モビルスーツの一種だということはわかるんですが、ガンダムを知らない私にとっては、何のキャラだかわかりません。
敵キャラだったような…
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑学 / 生活

今日の落書き@図書館


ウサギは、寂しいと死ぬといわれていますが、そんなことはないそうです。

それがどうした言わないでください。
書くネタが思い浮かばないんです。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


生活

また撮影だそうで

例により前期試験で学校にやってきたわけですが、前回試験のときにひきつづき、今回もドラマのロケがあるようで、校門のところの看板が「第一工科大学」になっていました。
今回は、堂本剛主演のドラマだそうです。
撮影シーンは、1995年の学園祭、プラネタリウムを展示するという内容だそうです。
残念ながら撮影シーンにたちあうことはできませんでしたが、ロケバスを発見!出演者は、これに乗っているのかも。

※後日注
 8/23にフジテレビ系で放送された、単発ドラマ「星に願いを—七畳間で生まれた410万の星—」でした。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / 雑想 / PC・家電 / 時事・社会

1チップMSX 製品化は絶望的

gigamix online.comを見ていて思い出したのですが、月刊ASCII9月号に、1チップMSXの広告(写真左)が載ってました。
そういえば先月号(写真右)は2ページでしたっけ。

興味はあるんですが、技術的なハードルが高くて、とてもじゃないけど買えません。
また「MSX2バージョンアップキット(仮)」を使うとMSX2相当になるとはいえ別売りだし、SDカードは持っていないし。
これで\19,800を出して買えというのは、非常に辛いです。
個人的にはMSXカートリッジスロットはいらないので、その分値下げしてほしかったと思います。

8/20 17:00までに、最低5,000台の予約がないと生産できないのですが、さっきアスキーの1チップMSXのページにみたところ、現在の予約注文数は2350台。
んー、目標の半分にも達してないのですか。
単純計算で、1日あたり110台の予約が必要です。
海外にも予約を募っていたら状況は違っていたかもしれませんが、現状では1チップMSXの製品化は、やはり無理なのか。


1チップMSXを予約してやろうという御仁は、Let'sクリック!

[ 秋野よう | この記事のURL ]