きゃらりこ日誌

2005年01月

時事・社会 / メディア

Apricot trees Studio 改称のお知らせ

Apricot trees Studio」は、本日より「350ml.net」に改称いたしました。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。



昔、AtS名義で活動していたことがあるので、一応、改称のお知らせをのっけときます。
Apricot trees Studioと名乗っていた時期は結構長くて、過去の日記帳をあさってみた所、使い始めたのは4年前の2001年とのこと。
インターネットを始めたばかりの頃ですね。
あの頃と全然変わってないなぁ、俺。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / アニメ / 生活 / メディア

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年始も忙しくて、今日がパソコンのさわり初めです。

近々、撲殺天使ドクロちゃんのインターネットラジオが始まるそうです。
 TE-A room
 → http://www.te-a.jp/

って、URLが「東芝()エンタテインメント(アニメ(.JP」かいっ!
判りやすっ。

[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / 雑学 / 生活

安売りコンタクト屋レビュー@横浜駅西口

そろそろ使い捨てコンタクトレンズがなくなってしまうということで、先日、横浜駅までコンタクトを買いに行ってきました。
横浜駅西口は安売りコンタクト屋の激戦区で、駅前にはビラ配りもたくさん。
A店は安いけれど いつも「品切れ」とのたまって高い商品を勧めていたり、B店では相場より高めの値段で販売していたり、C店では相場並みだけど割引やオマケがついたり。
私の経験から言うと、大手は在庫が多いので品切れになりづらく、しかもお得度が高い(割引券やケア用品がもらえる)傾向があります。
ということで、今回は過去1年間に行ったことがある、横浜駅西口にあるコンタクト屋&提携眼科 3軒を、独断と偏見でレビューしてみたいと思います。
(所詮 独断と偏見ですので、このレビューを過剰に信じ込まないように)

メガコン横浜西口店:※2004年9月をもって閉店しました
 横浜岡田屋モアーズの7Fにあるんですが、店内にあったのフロアガイドには載ってませんでした。
店舗スペースが廊下にもはみ出していて、防災上 問題がありまくりなうえ、待合用の椅子のすぐ近くをモアーズ従業員がガンガン通ります。
コンタクトレンズの価格は、若干高めでした。
提携の眼科 横浜西口アイクリニックも、倉庫スペースに無理やり眼科を作ったような感じで、印象が悪いです。
私を診てくれた医師は、反コンタクト派のようで、メガネをメインで使うように勧めてくれました。
コンタクト屋の雇われ医師なのに、そんなこと言っちゃっていいんだろうか?
地下街からも行けますが、横浜駅西口に接しているので、あえて地下から入る必要はありません。
[評価:★★☆☆]

アイシティ横浜店:
 三越の右隣のビルの6F(1FはUFJ銀行 B1Fは有隣堂トーヨー店)なので、地下街からも行けます。
コンタクトレンズの価格は相場並みです。
提携の眼科 ハヤシ眼科クリニックは、おんぼろビルなので暖房がきつく、空気が乾燥しすぎ。眼が乾いて乾いて大変。
お願いだから加湿器ぐらい置いてください。
しかも待合室内には、医院長の略歴がでかでかと…… 閉口。
祝日の夕方だったせいか、残るは医師のチェックだけという段階で、30分以上も診察待ちさせられました。
印象最悪。
[評価:★★☆☆]

八重洲コンタクトレンズ横浜店:
 こちらは横浜ベイシェラトンホテル&タワーズの左隣のビル(横浜ファーストビル7F)です。
「♪横浜西口歩いて1分〜」のCMでおなじみの大和住販と同じビルです。
地下街からは、三越からベイシェラトンホテルに抜けて、そのまま市営地下鉄方面に歩いて行くと行けます。
相鉄口からは、右に曲がって高島屋に沿って進み、そのまま信号を渡りきると、ビルの入り口に行けます。
ここはワンデーアキュビューが安いのが特徴。大体一箱2千円弱。
午前中に行くと値引きあり。
またオンラインクーポンで、さらに安くなることも。
併設の眼科 横浜眼科医院は、とにかくフロアが広くて、窓の外の眺めがいい。
スタッフ・医師には若い人が多いのが少々気になりますが、マニュアルに沿って丁寧に対応してくれます。
患者が決めた!いい病院」(オリコン刊)にランクインしたそうで、押し付けがましくない程度に自慢してます。
[評価:★★★★]

上に上げた3店の他にも、プライスコンタクト横浜・富士コンタクト横浜店・中央コンタクト横浜店・エースコンタクト横浜店等があります。
また機会があれば、他の店も行って、レビューしてみたいと思います。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


インターネット / 時事・社会 / メディア / 今月の○○

今月の詐欺やで!

オレオレ詐欺の防止

©Copyright 2004 Shizuoka Prefecture


静岡県製作の公共広告です。
静岡県庁のサイト内の、静岡インターネット放送局 BBスタジオしずおか内のCMライブラリーで見られます。
他にも、なぎら健壱が泥棒に扮して、防犯を呼びかけるCMもあります。

(この文章は350ml.netトップページからの転載です)

[ 秋野よう | この記事のURL ]


読書

読書記録 2004年12月分 資料編

教職課程のレポートで使った参考資料です。
主張に隔たりがないように選んだつもりですが、なぜか岩波書店に偏ってます……
厳密には読書とはいえないし、詳しく語れるほど読み込んでないので、コメントは省略します。

学力を問い直す—学びのカリキュラム—(佐藤学/岩波書店)
調査報告「学力低下」の実態(苅谷剛彦・志水宏吉・清水睦美・諸田 裕子/岩波書店)
新しい教養を拓く—文明の違いを超えて—(筒井清忠/岩波書店)
大学生の学力を診断する(戸瀬信之・西村和雄/岩波書店)
学力とは何か(中内敏夫/岩波書店)
やさしさの精神病理(大平健/岩波書店)
教育の目的再考(西澤潤一/岩波書店)
子供の学力とは何か(永野重史/岩波書店)
教育方法学会紀要 教育方法学研究 1981年 第7巻(「教育方法学研究」編集委員会 編/教育方法学会)
どの子も一番になれる 本当の学力とは何か(穂坂邦夫/幻冬舎)
文部科学白書(平成15年版)(文部科学省 編/国立印刷局)
分数ができない大学生(岡部恒治・戸瀬信之・西村和雄 編/東洋経済新報社)
「子ども」の誕生と消滅(中井孝章/日本教育研究センター)
「学力低下」をどうみるか(尾木直樹/日本放送出版)
現代教育科学 NO.303・569・570・571(現代教育科学編集室 編/明治図書出版)
[ 秋野よう | この記事のURL ]


生活 / メディア

HDD&DVDレコーダを買いました

TOSHIBA HDD&DVDレコーダ RD-XS34先日、サブのビデオデッキが壊れてしまいました。
裏録画に支障をきたすということで、HDD&DVDレコーダを買ってきました。
ヤマダ電機で一番安かった、東芝のRD-XS34を5万円弱(ポイント還元を適用)で購入しました。2004年モデルです。
ADAMS-EPG(テレ朝の地上波データ放送)とインターネットから番組表・番組紹介を持ってこれるというのは、とても重宝してます。
W録画は上位モデルのみということですが、裏番組はメインで使ってたビデオデッキと併用すれば大丈夫かな。
気になる点は、マニュアルが分厚くて、知りたい機能を探しづらいこと。
慣れればマニュアル無しでもできるようになりますが……
あと、起動時間が長め。スプラッシュ画面を非表示に設定してるんですが、あまり効果ないです。

取扱説明書の図しっかし、サンプルとして入ってた番組表には度肝を抜かれました。(図は取扱説明書より)
 [本ネタ]→[サンプルの番組名]
 水戸黄門 → 水戸ソロモン
 ニュースの森 → ニュースの林
 鋼の錬金術師 → 鍋の板金術士
 爆笑問題のバク天! → 微笑問題のエビ天!
 脳内エステIQサプリ → 町内エステ RDサプリ
 関口宏の東京フレンドパーク2 → 間口広の上京ブレンドパーク2
 さんまのスーパーからくりテレビ → さんごのスーパーから回テレビ

なんじゃこりゃ。

あと、一部のDVDでは再生障害が起きるので、ファームウェアのアップデートが必要とのこと。
 → ITmedia ライフスタイル:DVD「シュレック2」の再生障害、各社が対応策を発表
また、RDシリーズには重大なセキュリティホールがあるので注意。
 → ITmedia ライフスタイル:ネット家電に潜むセキュリティホール
 → Impress INTERNET Watch:東芝、HDD搭載DVDレコーダ「RD」シリーズが“踏み台”になる危険性
我が家の場合は、不要なポートは全部閉める主義なので、影響なし。
なお、出先から使いたい人は、パスワードを設定した上で、ファームウェアをアップデートしてくださいね。

でも、出先からでも予約設定ができたり、プロキシを立てることが可能だなんて、いじり甲斐があるなぁ。
[ 秋野よう | この記事のURL ]


生活 / メディア

ごくせん ロケ中

おととい、教職の試験のため、ひさしぶりに学校に来ました。
なんか雰囲気違うなぁと思ったら、正門や時計・看板が「黒銀学院高等学校」に変わってました。
あぁ、「ごくせん」か!
試験も終わって帰ろうとしたところ、ちょうど撮影中。
ということで、ちょっと覗いてきました。
他校の不良が黒校に殴りこみをかけてきて、ヤンクミがそれに立ち向かうというシーン。(※1/29放送の第3話)
うわぁ、本物の仲間由紀恵だよ。
やっぱり背が小さいなぁ。
ちょっと感動。

※桃ヶ丘女学園のシーンは、旧女子短大の正門を使ってました。

そういや、私が生で見たことのある芸能人って、林家木久蔵・三遊亭小遊三・毒蝮三太夫、テツ&トモぐらいだよなぁ。
——って、芸人だけかい!
[ 秋野よう | この記事のURL ]


雑想 / メディア

アフェリエイトの成果@2004年

昨日、Amazon.co.jpからアソシエイトの紹介料の集計完了のメールが来ました。
Amazonは3ヶ月ごとに、レポートと紹介料の支払いがあるのですが、今回はアフェリエイトを始めた2004年2月から12月までの、約8ヶ月の成果を紹介します。
計117点(うち7点はマーケットプレイス)で、紹介料収入は¥8,948でした。

売れ筋は、全てポケモン関係。
売り上げから見ると、ポケサテ!&メルマガから来た方が多いようです。
売れ筋上位5点を紹介すると、DVD「ポケットモンスターTV主題歌集DVD パーフェクトベスト 1997-2004」(8枚)、書籍「ポケモン全キャラ大図鑑—オールカラー版」(6冊)、DVD「ポケットモンスター 裂空の訪問者」(5枚)、CD「チャレンジャー!!」(5枚) 、「ポケットモンスター 2005年度 カレンダー」。
実は、これらは全てメルマガで紹介した商品です。
メルマガでの紹介は初めてでしたので、試しに数回だけ紹介したのですが、かなり効果を発揮しました。
ポケモンファン全般が好みそうな商品で、個人的にいち押しの商品に限定、しかも個人的な好みから、広告形式やタイアップ記事ではなく、新発売商品の紹介という形で紹介しました。
やはり、2年間積み上げてきた信用と信頼が、この成果につながったのかなと思います。

ポケサテ!以外での売り上げは、あまり影響なかったようです。
それから、紹介した覚えがない商品もありますが、別の商品の紹介リンクからたどって買っていったんでしょうね。
大物はたいした物はなく、GPSとかメモリとか2・3個みうけられるだけですね。
あとは、そんなに売れてませんね。


アフェリエイト収入を労働時間(?)で割ってみると、時給22円か……
しかもドメイン代(¥990/年×2サイト)とレンタルサーバの広告免除サービス(¥2,400/6ヶ月)と著作権料(1万円/年 別運営の「ポケサテ!L」のもの)や、「ポケモンカードプレイヤーズ」年会費等の必要経費を考えると、儲かるどころか赤字ですね(笑)。
もともとアフェリエイトは、インターネット広告への興味と、サイト運営費用の足しにするために始めたものですから、これで満足すべきでしょうね。

参考データ:
下記の5ヶ所でアフェリエイトを行っています
 Amazon.co.jp内「リストマニア」
  → http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/S08ZUAI099HV/

 「ポケモンニュースサイト ポケサテ!」約24,000PV/月(対象期間中のPV数の平均 同日同IPを除く)
  → http://pokesate.com/
 「BladeWatch」約330PV/月(同上)
  → http://blade.350ml.net/
 「きゃらりこ日誌」約1,500PV/月(同上)。
  → http://diary.350ml.net/
 メールマガジン「ポケモンメールニュース」発行部数 613部(2004/1/22現在) 2002/11/26創刊
  → http://pokesate.com/mailnews/
[ 秋野よう | この記事のURL ]