きゃらりこ日誌

PC・家電 / 技術

Bracketsの見た目を、ちょっとだけ秀丸エディタっぽくカスタマイズ

前回のレビュー記事を書くためにBracketsをしばらく使ってたんですが、初期状態だとタブ・半角スペース・全角スペース・改行が分かりづらかったので、ちょっとだけ秀丸エディタ風にカスタマイズしてみました。
定番の Show Whitespace や 全角空白・スペース・タブ表示拡張機能 ではなく、Visual Studio風に表示してくれるShow Whitespace VS(執筆時点では1.2.4が最新)をインストールして、これをもとにカスタマイズします。

まず、Show Whitespace VSをインストール後、[ヘルプ]→[拡張機能のフォルダーを開く]を選択し、 /user/patlillis.show-whitespace-vs/styles/main.less の中身を以下の手順で書き換えます。

50〜57行目、60〜74行目をコメントアウトする。
一番最後の行の下に、次のCSSを追記。


.CodeMirror {
// 半角スペースを表示
.cm-dk-whitespace-space:before, .cm-dk-whitespace-leading-space:before, .cm-dk-whitespace-trailing-space:before {
content: "␣";
height: 0;
top: 0;
left: 0;
color: Gray; // お好みの色に
}

// タブを表示
.cm-dk-whitespace-tab:before, .cm-dk-whitespace-leading-tab:before, .cm-dk-whitespace-trailing-tab:before {
content: "›";
color: Gray; // お好みの色に
}


// 改行を表示(最終行に改行がなくても表示してしまうが…)
.CodeMirror-line:after {
content: "↓";
color: Gray; // お好みの色に
}
}

改行の表示は、行末に強制的に付加する方法をとっているため、最終行に改行がない場合でも改行の表示があったり、改行コード(LF・CR・CR+LF)の判別機能がなかったりします。
これを解決するためには、拡張機能を自作するしかないようで、難易度が高いのであきらめました。
あとファイル末尾に表示される[EOF]は、個人的には不要なので追加していません。
なお文字色は、適用しているテーマに合わせてやることができると思うのですが、やり方がよくわからなかったので、Grayに決め打ちにしています。
(※後日追記 現在のバージョンでは仕様上、文字色をテーマと合わせることはできないようです。)


【全角スペース】
また全角スペースについてはRicty Diminishedというフォントを使うと、全角スペースを表示してくれるので、これで解決しました。
[ 秋野よう ]


PC・家電 / 技術

高機能テキストエディタ AtomとBracketsを使ってみました

昔からの習慣で、パソコンで文章を書くときにはテキストエディタを愛用しているのですが、私好みのシンプルで機能が必要充分なテキストエディタってなかなかないんですよね。

私の理想に一番近いのは「TeraPad」なのですが、検索・置換が遅く、標準では正規表現に未対応、しかもUnicodeだと一部の文字が文字化けするのが難点です。
最新版は5年前にリリースされたものなので、今後使い続けていけるのか不安が残ります。

「秀丸エディタ」は、動作が軽快でいいのですが、あの機能の設定がどこにあるのか分かりづらいのが難点。
歴史が古いソフトなので、マクロやプラグインで機能拡張ができるとはいえ、最近の高機能なテキストエディタと比べると見劣りする部分もあります。
また一番のネックは、シェアウェア(¥4,320)なので人には勧め辛いところです。
ちなみに私は秀丸エディタを10年ほど使っていますが、全然使いこなせていません。


そんな訳で、最近のテキストエディタに手を出してみることにしました。
プログラミング向けの高機能テキストエディタは、Atom・Brackets・Sublime Textの3つが代表的なようですが、今回はフリーで使える、AtomとBracketsを試用してみました。

Atom

Atomの画面(各種パッケージのインストール後)

Atom」はGitHubが開発したオープンソースの、プログラミング向けテキストエディタで、Windows・macOS・Linux対応です。
初期状態ではシンプルですが、パッケージ(機能拡張)や、JavaScript・CSSを使って機能やデザインをカスタマイズすることができます。
GitHub製なので、バージョン管理システムの「GitHub」と親和性が高いのが特徴。
ただ2015年にバージョン1.0がリリースされたばかりで歴史が浅く、バージョンアップの際に一部仕様が変更されて、パッケージ(機能拡張プラグイン)に不具合をきたすことがあるのが難点。
追加機能は、誰かが作成したパッケージに頼ることになるので、テキストエディタの仕様変更で不具合が生じた場合、パッケージの作者がアップデートをしてくれないと、その機能は使えなくなります。
定番のパッケージは本体に取り込む、もしくは公式パッケージ化してくれるとありがたいのですが…
また起動が遅く、、また日本語化パッケージで日本語表示に切り替わるのも遅いです。
ウェブブラウザ(Chromium)をベースにしているため、漢字変換中の文節表示に難があります。


Brackets

Bracketsの画面(各種機能拡張のインストール後)

Brackets」はAdobeが開発したオープンソースの、ウェブ制作向けテキストエディタで、Windows・macOS・Linux対応です。
初期状態ではシンプルですが、機能拡張(プラグイン)や、JavaScript・CSSを使って機能やデザインをカスタマイズすることができます。
2014年にバージョン1.0がリリースされたばかりで歴史が浅いので、Atomと同じような問題点はありますが、初期状態で日本語に対応しているうえ、動作が軽いのが特徴。
Adobe Dreamweaver CC 2017では、エディタ部分にBracketsを採用されているため、将来性もありそう。
機能拡張はATOMに比べると少なめで、個々の機能拡張の設定をGUIで行うことができないため、些細なところまで細かくカスタマイズしたい人には不向きです。
またAtomと同様にウェブブラウザベースのため、漢字変換中の文節表示に難があります。


機能の充実という点で「Atom」に魅かれてしばらく使っていたのですが、私の環境では初回起動に20秒もかかるので、起動も動作も早い「Brackets」に変えました。
これでしばらく使ってみて、いい感じだったら秀丸エディタから全面移行しようと思います。
[ 秋野よう ]


インターネット / 技術

きゃらりこ日誌をレスポンシブデザインに

きゃらりこ日誌をスマホに完全対応すべく、レスポンシブデザインに作り変えてみました。
昨年HTML5化したばっかりなので、Googleさんから何度も来る モバイルフレンドリーにしてよ〜という催促を無視していました。
しかし久しぶりにアクセス解析を見たところ、スマートフォンなどのモバイル端末に優しいデザインのウェブサイトを優遇するGoogleの「モバイルフレンドリー アルゴリズム」の影響なのか、アクセス数が大幅に減っていました。
このブログでは、積極的にアフェリエイトで稼ぐつもりは毛頭ないので、アクセス数は気にしてはいなかったのですが、ここまで減るとは…ということで重い腰を上げて対応することにしました。

また、今まではHTML3.2の時代の知識につぎはぎを当ててしのいでいたのですが、この際だからということでHTML5を学んで、HTML5準拠で作ってみました。
HTML5とCSS3の進化のおかげで、昔よりも柔軟性が高いデザインを作ることができて、楽になりましたね。
でも私のデザインセンスはたいして変わっていないので、どこが変わったの?と聞かれても…

今回のリニューアルで心残りなのは、文字コードがEUC-JP固定だということ。
HTML5はUTF-8推奨なのですが、このブログはアップデートがもう何年も行われていないCGIを使っていて、なおかつEUC-JP決め打ちで作られているため、UTF-8化改造で七転八倒するくらいなら、他のCGIに乗り換えたほうが早そう。
でもこのCGIは、私が使いやすいようにいろいろと改造を加えているので、今更 他のCGIに移行する気も起きません。
まぁ、これは仕方がないかな。
[ 秋野よう ]


PC・家電

デスクトップPCを新調しました

「東海道の旅 自転車編」のスタートが来月に迫っているというのに、デスクトップパソコンが壊れてしまいました。
パソコンを休止させたあと復帰し、しばらく使うとメモリ異常でブルースクリーンになってしまうという症状が頻発していたので、メモリーの接触不良を疑い、メモリを差し込み直してみたところ、それ以降パソコンが起動しなくなってしまったという次第。
メモリ差し込むスロット・枚数を替えてみたり、電源を大容量のものに交換したり、いわゆる最小構成にしても症状は変わらず。
起動時・故障時のビープ音すら鳴らないので、マザーボードの故障と判断しました。
マザーボード交換で延命しようかとも思ったのですが、P67・H67チップセットのマザーボードはもはや中古でしか購入できないし、第2世代のCore iシリーズ(Sandy Bridge)が使えるB75チップセットのマザーボードももはや流通在庫のみ。
というわけで、今後のことを考えてパソコンを新調することにしました。


【旧パソコン】
2011年8月にfaithでBTO購入、¥110,411(後日追加したパーツを除く)。
  OS: Windows7 Pro 64bit → Windows10 Pro 64bit(無償アップグレード)
  ケース: inWin IW-PE689 (ミドルタワー)
  電源: 恵安 KT-620RS(600W)
  マザーボード: msi P67A-C43 (P67チップセット、ATX規格)
  CPU: Core i7-2600(QuadCore 3.4GHz、TDP 95W、Intel HD Graphics2000、Core iシリーズ第2世代(Sandy Bridge) LGA1155)
  CPUクーラー:COOLER MASTER Hyper 212 Plus
  メモリ: KingSton KVR1333D3N9/4G (DDR3 PC3-10600) 4GB×2枚
  グラフィックボード: ASUS EN210 SILENTDI512MD2LP (NVIDIA)
  HDD: Hitachi HDS721010CLA332 (1TB)、WesternDigital WD20EARX (2TB 後日追加)、Seagate ST3320620AS (320GB 後日追加)、SAMSUNG HD103SI (1TB 後日追加)
  光学ドライブ: 日立LG GH24NS70 (DVDスーパーマルチ)、東芝サムスン SH-S243D (DVDスーパーマルチ 後日追加)
  キーボード:Microsoft WiredKeyboard 600
  マウス:Microsoft Laser Mouse 6000


人生初のデスクトップパソコンということでBTOに走ってみたわけですが、今考えると不可解な点がいくつか。
内蔵GPU非対応のP67チップセットなのにGPUを内蔵しているCore i7-2600を選んでいたり、HDDを4台・光学ドライブを2台積んでるのに電源が600Wだったり。
すべては知識不足が原因だったわけですが、そこのところの反省も踏まえて、既存のパーツを流用しつつ新しいパソコンを組んでみました。


【新パソコン】
2016年9月購入、¥39,167。
  OS: 流用
  ケース: 流用
  電源: Antec NE650C (650W) - ¥6,350
  マザーボード: ASUS B150M-A (B150チップセット、マイクロATX規格) - ¥6,999(特価)
  CPU: Core i5-6500 (QuadCore 3.2GHz、TDP 65W、Intel HD Graphics530、Core iシリーズ第6世代(Skylake) LGA1151) - ¥21,440
  CPUクーラー:CPU付属の純正クーラー(Thermal Solution - E97379)
  メモリ: Crucial CT2K4G4DFS8213 DDR4-2133 4GB×2枚 -¥3,980
  グラフィックボード: なし
  HDD: 流用
  光学ドライブ: 流用
  キーボード: 流用
  マウス:流用


チップセットの都合でCPUとメモリだけ新調。また故障原因の切り分けのために購入した電源も組み込んでいます。
CPUはCore i5-6500にグレードダウンしましたが、Core i7-2600と比較しても性能は-8%程度。
またCPU・GPUを酷使するソフトを使わないので内臓GPUで充分。
電源はグラフィックカードを外し、CPUも前のものよりも30W削減。そのうえで、電源を650Wに強化。
その他のパーツ・OSは前のパソコンの流用なので、意外と安く上がりました。
しかしマザーボードがATXからMicro ATXへと小さくなったので、ミドルタワーのケースがガラ空きになってしまいました。
事前にネット通販の価格で予算を立てて買いに行きましたが、通販で買うよりも秋葉原の実店舗で買ったほうが交通費を入れても安いですね。
[ 秋野よう ]


PC・家電 / 技術 / メモ

Media Player Classicで動画の音声が再生できないとき

HDDレコーダーからコピーしてきたMPEG-2 TSコンテナの動画をMPC-BEで再生すると、音声だけが出ない。
どうやらMPC-BEの内蔵スプリッターに不具合があるようでなので内蔵スプリッターを無効にして、外部のスプリッターに動画と音声の分離を任せてやることにしました。
なお通常のWindows10には、MPEG2のスプリッターはインストールされていないので、コーデックパック同梱のスプリッターを外部のスプリッターとして使いました。

手順は以下の通り。

MPC-BEで、
 [表示]→[オプション]→ツリーから[内部フィルター]→タブから[ソースフィルター]→[MPEG TS/PS/VA]のチェックを外す。
そしてCCCP・ffdshowなどのコーデックパックをダウンロードしてきて、インストール。
[ 秋野よう ]


生活 / 時事・社会

輪行袋は英語で何と言う?

ここのところ海外通販づいていて、アメリカの通販サイトを始め、イギリス・シンガポール、そして世界の工場とも呼ばれる中国の通販サイトにまで手を出している今日この頃です。
ただ海外の通販サイトだと、いろいろと手間がかかるんですが、それを考慮しても充分おつりが来る商品もかなりあります。

そういうわけで中国のAliExpressで、輪行袋を購入することにしたのですが、輪行袋って英語で何て言うんだろう?という疑問にぶち当たりました。
そこで私のつたない英語力でインターネット上を検索してみました。
輪行袋は英語で、Bike bag。
ただし自転車用のバッグ全般もこう呼ばれるため、検索結果にサドルバッグやパニアバッグも出てきてしまうのが難点。
Bicycle carrying bagという表記もあるけれどマイナーなようです。
ちなみに折りたたみ自転車用の輪行袋は、Folding bike bagです。
またエンド金具は海外には存在しないようで、似たようなものでしたら英語で、Rear drop out protectorと表記するようです。

英語圏のサイトでの情報を総合すると自転車の輪行方法はさまざまで、自転車販売時の段ボール箱に入れたり、丈夫で透明なビニールで包んで宅配業者・航空会社で運んでもらうことが多く、自家用車に乗せたり輪行袋を使うことは少ないようです。
またリアエンドを保護するエンド金具は存在せず、タイヤ・リアディレーラーを外した上でクイックシャフトだけを装着していたり、強度がなさそうなプラスチック製のスペーサーを装着していたり、適当な木片を挟んでいたり、極めつけはタイヤとクイックシャフトを外したあとは何もせずにそのままにしていたり。
リアエンドは適当に処理して、スペーサーを入れるとしたらフロントフォークを優先するようです。
日本ではリアエンドを重視し、エンド金具で保護するのが常識なのですが……
[ 秋野よう ]


技術

自転車に使うグリス

自転車のメンテナンスをしようと思いホームセンターに行ったのですが、どのグリスを買うべきかわからなかったので調べてみました。

結論を先に言うと、自転車は高熱を発するわけではないため耐熱性は気にする必要はなく、耐水性もさほど気にする必要はないため、一番安価なシャーシグリスで充分。
ちなみに真偽のほどは不明ですが、シマノ純正のデュラエースグリスはシャーシグリス系という噂です。


グリスは大雑把に言うと、価格が上がるにつれ性能(耐水性・耐熱性)も上がるようです。
また性能は、潤滑油(鉱物油・合成油)+増ちょう剤(固さ調整)+添加剤(性能強化)で決まります。
性能の大小を単純に表すと、次の通りになります。
 ウレアグリス >リチウムグリス> シャーシグリス


シャーシグリスは、鉱物油に、増ちょう剤として牛脂系もしくはヒマシ油系の脂肪酸・水酸化カルシウム・水を加えて加熱し、カルシウム石鹸化させている。
耐水性があり、耐熱性は牛脂系の脂肪酸を使った場合は70°C以下。

リチウムグリスは、鉱物油もしくは合成油に、増ちょう剤としてステアリン酸リチウムを加えて鹸化反応をさせ、リチウム石鹸化させている。
通称 万能グリスで、その名の通り幅広く使われている。
耐熱性が強化され、130°C以下となっている。

ウレアグリスは、添加剤にウレア基を持つ有機化合物を使ったもの。
耐水性も高く、耐熱性は180°C以下。

モリブデングリスは、添加剤にモリブデンを使い、耐荷重を強化したもの。
モリブデンの粒子が金属に食い込むことで耐荷重を強化するという仕組み上、金属部品が削れてしまうため自転車には不向き。

シリコーングリスは、シリコーンオイルがプラスチックを侵さないためブレーキのアウターや樹脂パーツに使われるが、シリコーンが潰れて潤滑性が悪くなるため金属パーツには向かない。
ちなみにパソコンのCPUとヒートシンクを接着するときに使われるシリコングリスとは、名前が似ているが別物。
シリコンはケイ素、シリコーンはケイ素化合物。
例えるなら、水素(H)と水(H₂O)ぐらい違う。
なおシリコングリスには油は使っておらず、熱伝導用の金属粉末が配合されているもの。
[ 秋野よう ]


雑学

官報で見つけた合併公告と、十干

調べもので官報を読んでいたら、珍しいものを発見しました。合併公告
居酒屋・飲食店をチェーン展開するアンドモワ株式会社が、グループ会社を合併するという公告なのですが、なんと登場するのは全10社。

普通は2社だったら「甲は乙の権利義務を全部継承し〜」となるところですが、今回のは「甲は乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬及び癸の権利義務を全部継承し〜」という表記になっていました。

この甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸という表記は十干と呼ばれ、現代でも十二支と組み合わせて「丙午(ひのえうま)」・「戊辰戦争」等のように年を表記するために使われています。

しかし11社以上登場する場合はどうするんでしょうか?
やっぱり十干十二支で、丙午とか書くのかな。
[ 秋野よう ]


雑想 / アニメ / メディア

音楽番組が減り、アニソン番組も減り…

アニソンって、いい曲といい歌手、そしていいアニメ作品のすべての条件を満たさないと、ヒットしてくれないんだよなぁ。
アニメの出来云々に関係なく、いい曲で大好きだなと思う曲はいくつもあるけれど、世間的にヒットしてくれないのは惜しい。
所詮アニソンは、アニメのタイアップって性質は否めないからねぇ。


しかし今でもアニソンをちゃんと聴かせてくれる番組って、NHK-FM「アニソンアカデミー」、ラジオ関西「青春ラジメニア」、文化放送「こむちゃっとカウントダウン」以外にもあるのかな?
こむちゃはパーソナリティが騒ぎすぎなところが、私の肌に合わないんだよね。
理想は90年代中盤から後半にかけてやってたニッポン放送「スーパーアニメガヒットTOP10」みたいな、新曲のアニソンに限定した音楽番組。
懐かしいアニソンが聞けるラジメニアも、いい感じに落ち着いていて、とっても良い番組なんですが、新曲だけしかかからないラジメニアがあれば最高なんだけどなぁ。


しかし携帯電話・スマーとフォンの普及とともに音楽市場が縮小してしまったせいなのか、アニソンどころか音楽市場自体が縮小して、以前に比べて音楽番組が減っている気がします。
最近は高齢者向けの音楽番組がBSで増えつつあるけど、若者向けの音楽番組は少ないよね。
よく考えると、90年代に若者向けの音楽市場が盛んだったこと自体が異常で、逆に今の状態が適正なのかも。
寂しい話だね。
[ 秋野よう ]


インターネット / 雑想

最近のAmazonって、配達が早いよね

昨日Amazonで注文した自転車のブレーキワイヤー・アウター・携帯ポンプ等が、なんと昼前に届きました。
昔は千葉県市川市の市川フルフィルメントセンターから全国に出荷されており、今ほど注文件数も多くなかったことから、数分で注文が確定し、商品が翌日に届くことも多々ありました。
しかしお急ぎ便が始まってからは、注文の確定も配達も徐々に遅くなり、数年前までは注文の確定まで半日、商品の到着までは2日ほどかかっていました。
しかし2・3年ほど前から、複数のフルフィルメントセンターからの分割発送なしで、神奈川県小田原市の小田原フルフィルメントセンターから商品がすぐに届くようになり、Amazon自身が販売・発送する商品なら、当日の早朝までに注文すればお急ぎ便を使わなくても7割の確率で当日中に届くようになりました。
Amazonさんの経営努力のたまものであることはもちろん、配送担当のクロネコヤマト・日本郵便さんのおかげでもあります。
ありがたや、ありがたや。
しかも最近は、地域限定・取扱商品は一部のみという条件ですがPrime Nowという、最短で1時間以内に配送してくれるというサービスまで開始。
残念なことに自宅はサービス対象地域ではないうえに、プライム会員ではないので使えないのですが、宅配ピザ並みのスピードとはこれまた凄いなぁ。
[ 秋野よう ]


過去ログ:
2004年 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2005年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2006年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2007年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010年 01月 02月 03月 06月 12月
2011年 01月
2015年 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月
2017年 01月 02月